CO2,削減

CO2を削減しなければいけない理由

地球温暖の主原因は温室効果ガスであると言われています。

温室効果ガスとは、地球を覆うように存在しているガスであり、太陽から発せられた熱が大気圏外に放出されることを、適度に防ぐように存在しており、地球にとっては必要なものです。

しかしガスの濃度が上がった場合には、地表から発せられる熱が放出されること無く、留まってしまうため気温が上昇してしまうのです。

ガスは自然から排出されるものもありますが、人為的に排出されるもので、濃度が増しているのがCO2(二酸化炭素)なのです。

世界規模での温暖化対策のための京都議定書

平成9年(1997年)に京都にて行われた、気候変動枠組条約締約国会議にて、温室効果ガスの削減を目標とするために定められたのが京都議定書です。

1990年の排出量を基準として、2008年から2012年までの間に、先進諸国におけるCO2排出量を5%削減することを目標とし、各国ごとに二酸化炭素排出量の削減目標値も規定されております。

この条約は84カ国が著名しており、ちなみに日本は6%のCO2削減が目標値として規定され、チーム・マイナス6%というプロジェクトが発足されました。

エアコンの設定温度を適切にしたり、クールビズ、レジ袋を減らすためのエコバッグ・マイバッグなどの試みが行われ、エコロジーという言葉を良く聞くようになりました。

温暖化対策のための法律を知っていますか?

日本には温暖化を食い止めるための対策を行うための法律として、「地球温暖化対策の推進に関する法律」が平成10年(1998年)に定められております。

この法律では、国や地方自治体、事業者、全ての国民が温室効果ガスを排出しないように努力し、国や自治体が行う対策などには、協力しなければいけないと規定されております。

条文には温室効果ガスとして、二酸化炭素、メタン、一酸化炭素、ハイドロフルオロカーボン、パーフルオロカーボン、六フッ化硫黄が規定されています。

※ハイドロフルオロカーボン、パーフルオロカーボン、六フッ化硫黄は、総称して代替フロンといわれます。

温暖化の推移

1900年から100年間で地球の平均温度は0.74℃上昇したといわれております。
そして20世紀後半にその上昇幅が大きいことから、産業の発展に伴う温室効果ガス排出が、強く影響していると考えられているのです。

このままのペースで気温が上昇する場合、2100年には1℃から最悪の場合は4℃程も上昇する可能性があるそうです。

全ての人で取り組まなければいけない理由

温暖化ということは良く聞きますが、生活に影響が無い限りは、その深刻さをリアルに感じることはできません。

もちろん今日明日のうちにどうにかなってしまうということは無いと思いますが、自分の子供や孫の世代には想像もつかないような影響が出てくるのかもしれないのです。

ゲリラ豪雨の原因は?

近年都心部にて毎年のように発生しているゲリラ豪雨の原因はヒートアイランド現象であり、温暖化とは直接は関係ないとされております。

都市部と周辺の気温差が、天候に影響することを考えると、地球規模で気温が上昇した場合には、大変なことになってしまうのではないでしょうか。

雪が少なくなっています

近年降雪量が減っているということを良く聞きます。
秋が終わる頃に「今年は暖冬です」ということを毎年聞いているような気もします。

地域によっては、実際に1980年頃と比べると、降雪量が減少しているというデータもあるそうです。

その代わり降雨量は増えているというデータもあり、1℃にも満たない温度上昇はすでに日本の天候に影響を与えているのかもしれないのです。

25%という高い目標

平成21年(2009年)に国連気候変動サミットにおいて、日本は2020年までに1990年を基準として、25%のCO2削減をすることを宣言しました。

さらなるCO2削減のために、エコ生活の推奨や、省エネ製品の推進、再生可能エネルギーの普及などが行われており、エコカー・ハイブリッド車、太陽光発電やエコキュートなどへの補助金という具体的な試みがあります。

家庭から排出されるCO2の量

家庭からのCO2排出量は、全体の15%程を占めております。
普段の生活を送ることで二酸化炭素を排出してしまっているということですので、逆に言えば意識することで個人レベルでも排出量を減らすことができるということです。

日本だけが排出量を減らしても意味が無いと言われておりますが、国レベルではなく、まずは一人ひとりがエコということを意識することが最も大切なのです。

  • 【補助金】国や地方自治体が用意する太陽光発電の助成制度
  • 【比較】太陽光発電・オール電化機器メーカーのポイントを解説

  • 【太陽光発電のわかりやすい解説!】ソーラー発電の仕組みや初期費用の相場など
  • 【セットで考えたいオール電化システム!】注意したい点や、補助金の詳細を紹介!
  • 【エコマメコラム】都市ガスとオール電化の比較や二酸化炭素について