比較,太陽光発電,メーカー

太陽光発電システムは複数社見積りが鉄則!

複数メーカーから販売されているといことは、選ぶ手間はありますが、比較して性能の良い物を選ぶことができますし、見積りを取ることで導入コストを抑えることができるともいえます。

まずはメーカーサイトからチェック・問い合わせ!

太陽光発電システムの出力効率は、太陽電池の性能により決まると言っても過言ではありません。
導入コストもモジュールの価格に大きく左右されますので、値段も把握しておくようにしましょう。

メーカーに購入を検討していることを伝えることで、住んでいる地域の販売店を紹介してもらうことができます。

メーカーの紹介する販売店ですので、信用度は高いといえます。

シャープは太陽光発電の老舗

太陽光発電システムの歴史が最も長いのがシャープです。
信頼できるブランド力と、高い性能で現段階では最もコストを抑えて、システムを設置することができます。

三洋は高出力・高効率が売り

現段階にて最も高い出力を持つ製品を販売しているのが三洋です。
価格はどうしても高くなってしまいますが、その分初期費用を短期間で回収することが期待できます。

設置環境を選ばない高いデザインが魅力の京セラ

省スペース環境でも設置することができ、一見すると瓦に見間違えそうな段葺きまでできるのは京セラしかありません。

もちろん通常の大きさの太陽電池モジュールの販売もしています。

価格を抑えて高出力と高効率を手に入れる

平均的な価格にもかかわらず高い効率を実現しているのが三菱です。
パワーコンディショナーの効率も高く、全体的なロスを考慮してもお勧めできます。

2010年新規参入した東芝

モジュールの出力・効率ともに高く、パワーコンディショナーも価格、効率ともに申し分ありません。
新規参入によるシステムの低価格化が期待できます。

販売店による比較もお忘れ無く

工事費用などがプラスされて、料金を決定するのは販売店になります。
複数販売店から見積りを取ることにより、比較、競合させることで割引率を少しでも高くすることが期待できます。

販売店では、複数メーカーの太陽電池モジュールを扱っている場合と、1社のみの太陽電池を扱っているところがあります。

販売店を見極めるために!

基本的に多くの販売店では飛び込みの営業などは行っていないと考えても良いと思います。

残念ながら、太陽光発電による補助金などが始まったことにより、詐欺事件が増えているらしいです。
電力会社や太陽光発電メーカーにて、詐欺に注意するよう広く衆知されております。

地域のスペシャリストに任せたい

可能であれば自宅の近くにある販売店が望ましいとされています。
天候に左右される太陽光発電ですので、お住まいの地域の天候状況を熟知している販売店は、トラブルの際にも有利なのです。

全国に対応している場合は、引越しなどの際に便利というメリットがあります。

正直で適切な仕事をしてくれるか

メリットばかりを強調し、デメリットを一切言わない販売店は、問題があるかもしれません。
「電気代が0円になります!」という売り文句を聞くこともありますが、電気の使用状況や天候に左右されますので絶対はありません。

設置予定システムと電気の使用状況、予想発電量などによるシミュレーションを、悪い結果でも正確に示してくれるのかが大切です。

トラブル防止のためにも

以外と重要なのが実際に工事を行う業者と販売店の関係です。
販売店が施工を行う場合は大きな問題とは成り得ませんが、施工業者を通す場合にはトラブルを防止するためにも販売店とは蜜に連絡を取り合うことをお勧めします。

メンテナンスフリーと言われる太陽光発電システムですが、故障する可能性はありますので、メンテナンスに関することも確認しましょう。

オール電化は好みの製品を組み合わせて

太陽光発電システム以上に、製品の組み合わせ、メーカーにて悩まされるのがオール電化です。

地域によって使用する機器に違いも出てきますので、まずは地域の電力会社(北海道電力、東北電力、東京電力、北陸電力、中部電力、関西電力、中国電力、九州電力、沖縄電力)のオール電化サイトを確認してみることをお勧めします。

また家電量販店でもIHクッキングヒーターからエコキュートまで扱っている所がありますので、工事費を含めた価格を比較する場合にチェックしてみてはいかがでしょうか。

エコキュート選ぶための要点

電力会社にて取り扱いメーカーが紹介されている場合もありますが、基本的には各メーカーの製品を比較して自分で決める必要があり、三菱、コロナ、三洋、日立、ダイキン、パナソニックなど複数メーカーを確認する必要があります。

寒い地域の場合は寒冷地仕様でなければ使用できない場合がありますので注意が必要です。

家族の人数に応じて容量を選び、容量に応じた貯湯タンクのサイズから設置できるかを判断する必要があります。

機能や価格を確認する他にも、メーカー保証の有無などを確認しましょう。

製品の多いIHクッキングヒーターは直に触れてみましょう

メーカーはもちろん、ラインアップ自体も複数あるIHクッキングヒーターは、安くなってきたとはいえすぐに買い換えられるような値段ではないので、自分の使い方に合った商品を選ぶ必要があります。

毎日直接触れる製品だからこそ、使い勝手はもちろん、料理の仕方などを考慮して、各製品を比較しなければいけません。

家電量販店などで見た目や、操作パネルなどを確認することはできますが、可能であれば一度メーカー、企業、電気量販店などの行っている体験会に参加して、実際に調理を体験することをお勧めします。

快適に過ごすための暖房を選ぶ

電気暖房機器で最も重視しなければいけないのは価格ではなく、住んでいる地域、家屋、生活スタイルに合っていて、十分な暖かさを得られるかということになります。

強すぎる暖房力は、パワーを抑えることで調整できますが、暖かさが足りない場合は、別途暖房器具を買い足さなければいけなくなってしまいます。

最初から複数機器を活用することを想定している場合には良いのですが、他の機器の利用を考えていない場合には、部屋の広さなどを考慮して、失敗しないように機器、製品を選びましょう。

  • 【補助金】国や地方自治体が用意する太陽光発電の助成制度
  • 【比較】太陽光発電・オール電化機器メーカーのポイントを解説

  • 【太陽光発電のわかりやすい解説!】ソーラー発電の仕組みや初期費用の相場など
  • 【セットで考えたいオール電化システム!】注意したい点や、補助金の詳細を紹介!
  • 【エコマメコラム】都市ガスとオール電化の比較や二酸化炭素について