オール電化,デメリット

オール電化の様々な問題点を確認

オール電化にするには、決して安いとは言えない程のお金がかかります。
新しいから、流行っているから、という理由で決めるのではなく、自分が使ってみた時に後悔せずに、納得して利用できるかということが大切なのです。

各ページにてご紹介した内容もありますが、再度まとめて確認してみましょう。

電気にのみ頼るということは……

オール電化はその名の通り、家庭内のエネルギー原を電気のみにまとめるということです。

これは大きなメリットでもありますが、デメリットとなることもあります。

停電により全てが止まります

電気の供給が止まってしまった場合は、家にある製品は全て止まってしまいます。
最近では全くといって良い程、停電は起こりませんが、事故や災害時には起こり得ることです。

しかし、ガス機器なども電気を利用している場合は、同様に使用することはできません。
現在の自宅においても停電時に利用できる機器があるか確認しておくことは、防犯意識からも大切なことです。

生活スタイルに左右される電気代

オール電化にする場合、電力会社の深夜割引メニューを利用することで、電気料金の節約が期待できます。

いくらエコキュートにて給湯分の電気代を深夜割引料金でまかなったとしても、昼間に無尽蔵に電気を利用しても良いということではありません。

深夜割引メニューを利用することで、通常料金よりも昼間の電気単価が多少上がりますので、昼に自宅にて大量の電気を消費する予定のある人は、電気代がデメリットとなる可能性があります。

見えない電磁波による影響

電化製品につきものの電磁波は人体に影響を及ぼすとも言われております。
現段階において明確な影響があると断定はされておりませんが、今後の研究調査によっては人体に影響が無いとはいえないのです。

エコキュートのデメリット

空気の力を利用してお湯をわかすことができる最新技術を利用したエコキュートは、ヒートポンプと貯湯タンクが必要であり、これらがそのままデメリットと成り得ます。

ガス給湯器に比べて高額な初期費用

販売されてから数年しか経っていないエコキュートは、その構造上から製品コスト自体が高額となってしまいます。

普及率が上がることで、今後の低価格化が期待されますが、現段階では補助金などを利用してコストを下げるしかありません。

ガス給湯に比べると弱い水圧

ガス給湯の場合は水道そのままの水圧を利用することができますが、エコキュートでは貯湯タンクからポンプの力によりお湯を出しますので、どうしても水圧が弱くなってしまうことがあります。
しかし製品によっては水圧が強いタイプも出てきております。

シャワー利用時には特に気になりますので、購入時に確認する項目としてシャワーの水圧を忘れないようにしましょう。

悩ましげな設置場所

上記にご紹介しましたが、エアコンの室外機と同サイズ程のヒートポンプと、容量に応じた貯湯タンクを設置する場所がエコキュートでは必須になります。

寒い地域で利用できるタイプも出てきておりますが、温かい地域の方が圧倒的に効率は良くなります。

貯湯タンクを屋外に置くことができるタイプもありますが、屋内タイプの場合は背の高さもあり、設置場所は熟考しなければいけません。

給湯量の制限が不安

貯湯タンクの容量にて1日のお湯を賄うことができれば、安い電気代で全てのお湯を沸かしたことになりますが、足りなかった場合は昼間でも焚き増ししなければいけません。

ガス給湯器の場合は、制限なくお湯を利用することができますので、家族構成や生活スタイルに応じた貯湯容量を考えなければいけません。

IHクッキングヒーターのデメリット

火を使わずに安全に使用できると言われている、IHクッキングヒーターですが、何をしても安全というわけではありませし、火が無いということ自体がデメリットとなるようです。

制限される調理器具

基本的にはIH対応の調理器具の使用が推奨されておりますので、現在利用している調理器具を利用出来ないこともありえます。

性能をフルに発揮させるためにもIH対応の調理器具を利用することをお勧めします。

火傷や火災の危険性

火を使わないからと言っても調理器具を加熱することにより、調理器具により暖まったトッププレートに触ることでの火傷や、加熱しすぎた鍋などに冷めた油を注いだ場合には、火が出ることも考えられます。

専用の調理器具を使うことで温度感知センサーや、空だき防止機能などで防ぐことはできますが、一切注意しなくても良いとまでは言えないということです。

火を使えないということ

子供がいる家庭の場合、「子供に火の危険性を伝えることがIHクッキングヒーターではできない!」ということを聞いたりします。

確かに最も身近な火といえばガスコンロだとは思いますが、火の危険性はキャンプや花火など外で教えるようにしてみてはいかがでしょうか?

また、直火焼きという調理方法ができなくなりますので、料理のレパートリーが減ってしまうという人はいるかもしれません。

電気暖房器具のデメリット

エアコンの暖房機能性が向上しておりますので、エアコンのみでも機密性の高い家では、冬期間でも十分に暖を取ることができるようになっております。

しかし万が一の停電の場合には、電気暖房機器では一切機能しなくなるので、寒さの厳しい北海道などでは不安が残るようです。

床暖房

空気を汚すこと無く部屋全体を暖められる床暖房ですが、導入する為の初期費用が高くつくのが問題です。

また、ストーブやファンヒーターのように、局所的に高い熱源があるわけではないので、すぐに一部分だけでも暖めるということができません。

これは部屋全体を暖める際にも、スイッチを入れてすぐに部屋を暖かくすることが出来ないということでもあります。

エコキュートなどのヒートポンプ式床暖房もありますが、床暖房にて利用したい温度を維持するという熱効率の観点から、今後の技術向上が期待されます。

蓄熱暖房機

ランニングコストと暖房能力の強さから、寒い地域の暖房に最も適しているとも考えられる蓄熱暖房機ですが、価格が高いというのが最もネックになります。

また構造から機器が大型になってしまいがちなので、設置スペースも問題になります。

スイッチを切ったとしても、暖められたレンガは緩やかに熱を放射しますので、家に誰もいない時間が長い場合は、そのエネルギーが無駄に感じられてしまいます。

  • 【補助金】国や地方自治体が用意する太陽光発電の助成制度
  • 【比較】太陽光発電・オール電化機器メーカーのポイントを解説

  • 【太陽光発電のわかりやすい解説!】ソーラー発電の仕組みや初期費用の相場など
  • 【セットで考えたいオール電化システム!】注意したい点や、補助金の詳細を紹介!
  • 【エコマメコラム】都市ガスとオール電化の比較や二酸化炭素について