リフォームによるオール電化の勧め

実はリフォーム時にオール電化にする住宅も増えており、新築オール電化住宅と同様に半数近くがリフォーム時にオール電化を導入しているとのことです。

リフォームでもメリットは沢山あります!

自宅をオール電化にすることで、新築同様に光熱費の節約や安全な生活を得ることはできますし、リフォームローンに対しても金利の優遇がされます。

もちろん火災保険料の割引を受けることもできるようになります。

新築と違い、既存の電化製品を利用することが多いので、光熱費の節約具合が一目でわかるという利点もあります。

防災意識の高まりからも

近年大きな地震などが多く、防災という観点からオール電化を選択するという人もいるそうです。

火事の原因としてキッチンからの出火が多いということはお伝えいたしましたが、それと同様に地震の際にもキッチンや暖房器具からの出火の危険性が考えられるのです。

電気、ガス、水道などのライフラインが断たれた時、最も早く復旧するのが電気と言われております。

お年寄りにも優しいオール電化

多くの人はガスコンロに慣れており、IHクッキングヒーターには沢山のボタンがあり使用法が難しそうというイメージがあるかも知れません。
しかし万人が使う物ですので、使用方法は簡単でお年寄りも難なく使えます。

なにより火を使わないうえにセーフティ機能などもあるので、万一の時にも安心なのです。

リフォームで太陽光発電も導入

補助金や融資を受けることができることから、オール電化住宅へのリフォームと同時に、太陽光発電システムを設置する家も増えているそうです。

オール電化により光熱費の削減、安全を手に入れると共に、太陽光発電を行うことでさらなる光熱費の節約が期待できるのです。

ガス配線を残しておくというメリット

新築オール電化住宅の場合、初期費用節約のためにガスの配管工事を行わないことが多いようです。
使用する予定が無いガス配管を、宅内に引き込む必要は無いということです。

リフォームの規模にもよりますが、宅内引込配管部分を残しておくことで、オール電化が合わなかった場合に、すぐにガス機器を利用することができるようになります。

エネファームによる発電で電気代がお得に!

家庭用燃料電池の愛称として知られているエネファームは、水素と酸素の科学反応により発電を行うシステムです。

発電時に発生する熱を利用して、お湯を沸かして貯湯しておくことができるので、給湯時のエネルギー消費が実質0といえまして、光熱費の節約が期待できます。

エネファームの利用にはガスが必要です

酸素は空気中から得ることができ、水素はガスから取得することができます。
都市ガス、プロパンガスを問わず水素を作ることができまして、地域差無くエネファームは利用することができるのです。

太陽光発電とエネファームのハイブリッド(組み合わせて使用する)住宅も増えておりまして、日中の太陽光発電による買電量を増やしたり、朝や夕方の時間帯の電気代を節約する効果が期待できます。

今後の低価格化、さらなる効率アップが望まれます

エネファームはまた新しい技術でありまして、現段階では導入費用なども高額となってしまいます。

今後阪大台数が伸びることにより、初期費用の低価格化、製品の性能向上なども期待できますので、ガス管を残しておくという選択肢も検討してみてはいかがでしょうか。

  • 【補助金】国や地方自治体が用意する太陽光発電の助成制度
  • 【比較】太陽光発電・オール電化機器メーカーのポイントを解説

  • 【太陽光発電のわかりやすい解説!】ソーラー発電の仕組みや初期費用の相場など
  • 【セットで考えたいオール電化システム!】注意したい点や、補助金の詳細を紹介!
  • 【エコマメコラム】都市ガスとオール電化の比較や二酸化炭素について