エコキュート

少しの電気と空気の力でお湯を沸かす

最近良く聞くエコキュートですが、その仕組はどのようなものなのでしょうか?自然冷媒ヒートポンプ式電気給湯器ともよばれるエコキュートは、とっても経済的で環境にも優しいのです!

火を使わずに空気の熱を使うエコキュートの仕組み

暑い・寒いと感じるのは、空気中に含まれている熱の量によって決まってきます。
エコキュートはヒートポンプという技術を用いて、空気中の熱の力によってお湯を沸かすという方式です。お湯の温度は現段階では90℃にまで達するとされております。

空気中の熱を冷媒(CO2など)に吸収させ、その冷媒を圧縮することで高温にすることができます。
その熱を水に伝えることによりお湯を沸かすことができるのです。

お湯を沸かせた冷媒は膨張させることにより低温にすることができます。
低温となった冷媒は再度、空気中の熱を吸収することができるようになり、冷媒が循環することで大量のお湯を沸かすことができるのです。

身近なヒートポンプ技術

ヒートポンプ技術はエコキュートのみに利用されているわけではなく、最も身近なところではエアコンや冷蔵庫にも使われております。

ヒートポンプ技術の歴史は古く、1824年のカルノーサイクルが原理となっているといわれております。

昔のエアコンは暖房機能が弱いというイメージがあると思いますが、研究開発が進んだことにより、エアコンの暖房機能は向上し、その技術進歩によりエコキュートが誕生したのです。

貯湯式によるメリットとデメリット

エコキュートはヒートポンプにより沸かしたお湯をタンクに溜めておいて利用します。
この方式は貯湯式と呼ばれまして、ガス湯沸器と比較するとメリットとデメリットがあります。

エコキュートのメリット

お湯を使う時にお湯を沸かす方式(瞬間式)とは違い、溜めておいたお湯を使うという方式(貯湯式)になりますので、電気代の安い深夜時間帯に1日分のお湯を沸かしておけます。

電力会社の深夜割引サービスを利用することにより、昼間よりも半額以下の電気料金で、家庭内で最もエネルギーを消費すると言われている、給湯のためのお湯を沸かすことができるのです。

エコキュートには学習機能がありまして、普段使用するお湯の量を判断し、最適な量のお湯だけを沸かすようにしてくれるので、貯湯タンク容量が大きくとも無駄なエネルギーを使わずに済みます。

また瞬間式と違いお湯を沸かす時に火を利用しないので、音が静かで換気を気にする必要もありません。

エコキュートのデメリット

溜めておいたお湯を使いきってしまった場合には、昼間の時間帯にお湯を沸かさなければいけなく、瞬間的に利用する分だけお湯を沸かすことができないので、ガス湯沸器よりも光熱費がかかってしまう可能性が考えられます。

瞬間式では貯湯タンクは無く、限られたスペースに設置することができますが、エコキュートではお湯を溜めて置くためのタンクと、ヒートポンプ(室外機)を設置する場所が必要になります。

また空気に含まれている熱を利用するので、気温が低い場合には効率が悪くなってしまいます。
しかし最近では-25℃でも利用できるエコキュートまで販売されております。

非常時にもお湯を使うことができます

貯湯式であるエコキュートは、一旦お湯が沸いてしまえば、タンク内にてお湯の温度をある程度保つことができます。

停電時にもお湯を使うことができ、また断水時の生活用水としての利用なども期待できるのです。

電気温水器とエコキュートの違い

ガスを使わずに電気の力でお湯を沸かす給湯器としては、エコキュートの他に電気温水器もあります。

電気温水器はヒートポンプ技術を使わずにヒーターを熱源としてお湯を直接沸かす方式(ヒート式)が用いられております。

瞬間式や貯湯式、小型なものから大型なものまで様々ありまして、深夜時間にお湯を沸かしておくこともできますので、ガスよりも光熱費を抑える効果がありますが、エコキュートには及ばないそうです。

ヒートポンプ室外機が必要ないので、設置場所を選ばないという利点や、寒い地域にてエコキュートでは効率が悪いと判断された場合には、オール電化との組み合わせで利用されております。

オール電化におけるエコキュートのこれから

エコキュートが販売されたのは2001年からであり、普及台数は2009年において200万台を超えております。
エコキュートの省エネ効率の高さは政府にも認められておりまして、2020年までに現在の5倍にあたる1000万台普及を目指しているそうです。

エコキュートを導入する際に国から補助金・助成金の支給も行われておりますので、今後もエコキュートの販売台数は増えていくと予想されております。

満足度の高いエコキュート

ガス瞬間湯沸器と比べると、貯湯式でありエコキュートはデメリットもあり、導入を躊躇する人も多いようです。

しかし、実際にエコキュートを利用した人の90%以上の人が、光熱費が節約できた、動作音の静かさ、追い焚き機能(電気温水器には追い焚き機能付きが少ない)や操作機能の向上といったメリットによる満足感を得ているという統計があります。

  • 【補助金】国や地方自治体が用意する太陽光発電の助成制度
  • 【比較】太陽光発電・オール電化機器メーカーのポイントを解説

  • 【太陽光発電のわかりやすい解説!】ソーラー発電の仕組みや初期費用の相場など
  • 【セットで考えたいオール電化システム!】注意したい点や、補助金の詳細を紹介!
  • 【エコマメコラム】都市ガスとオール電化の比較や二酸化炭素について