電力,買取制度

買取制度一新で今が絶好のチャンスです!

2009年11月1日より太陽光発電の買取制度がリニューアルされました。

余剰電力の買取制度自体は1992年から始まっておりましたが、新制度の導入により買取価格は1kWhにつき48円という価格になりました。

倍になった買取価格

48円という価格だけでは安いのか高いのか分からないと思いますが、それまでの買取価格は23円であり、2倍強にまで買取価格が跳ね上がったのです。

そして、太陽光発電システムの発電コストが46円とされておりますので、やっと適切な買取価格になったともいえるのです。

買取価格が倍になったということは、上手くすればシステム導入にかかった初期費用を半分の期間で回収できる可能性もあるということなのです。

余剰電力とはなんなのでしょうか?

発電した電力の全てを買い取ってくれる訳ではなく、余剰電力のみを電力会社に売ることができます。

余剰電力とは、あまった電力ということでありまして、日中太陽が出ることにより発電された電力量を20kWhとし、発電している時間帯に使用した電気量が9kWhだとすると、発電した20kWhの電力量の内9kWhが使用されますので、11kWhが使用されずに余ったことになり、この11kWhが余剰電力となるのです。

ちなみに、1kWhが48円なので、48×11=528円分の電気を電力会社に売ったことになります。

発電した電気は売らなきゃ損です!

電気料金は使用した電力量に応じで値段が決まる三段階料金制度と基本料金により決まります。

各電力会社により料金は違いますが、1kWhあたり22円前後ですので、買取価格48円を考えると、発電した電気を使用するよりも売電した方が断然お得ということになるのです。

日中の電力消費量を減らし余剰電力が増やすことが、太陽光発電システムの恩恵を最も得ることができるのです。

10年間固定の買取価格

48円という買取価格は、2009年と2010年に太陽光発電を設置した場合に適用される価格であり、その後の価格は見直され低減するとされています。

せっかくシステムを導入しても1年後に買取価格が大幅に引き下げられてしまった場合、初期費用の回収にかかる年数が伸びてしまうということが懸念され、システムの導入を躊躇してしまいます。

しかし、新制度では設置した年度の買取価格での固定制とし、10年間は同額での売電を行うことができると規定されております。

この10年という期間は、初期費用を回収することができる期間として設定されておりますので、今までの回収年数20年前後を考えただけでも、大きなメリットであるといえるのです。

年度により変わる買取価格

買取価格は見直されることにより、年度毎に変動する可能性があります。

2010年度に設置・申請した場合には、買取価格は48円にて10年間固定となりますが、以降のことは現段階では決まっておりませんので、48円据え置きかもしれませんが、年々減っていく可能性も考えられます。

設置年度の買取価格にて10年間固定ですので、最も買取価格の高い早い時期に太陽光発電を設置することが、初期投資額を早く回収するためには必要なのです。

新制度に伴う電気料金の上乗せ

一般住宅などにて発電された電力を固定価格にて買取る制度が始まることにより、電力会社にとっては少なからず負担となってしまいます。

そのため電気料金の値上げにて負担分を補う必要があるのです。

固定価格買い取り制度はドイツ発祥

再生可能エネルギーにより発電された電力を固定価格にて買い取る制度はFIT(Feed-In Tariff)と呼ばれ、国を上げて行ったのはドイツが最初です。
ドイツでは制度開始時に日本円にして500円ほどの電気料金の値上げが行われたそうです。

しかし、ドイツでは制度導入により、元々環境問題に関心のあったこともありますが、国民の太陽光発電システムの設置が進み、太陽電池の生産量、太陽電池による発電量を、2005年まで1位だった日本を抜き去りトップに躍り出たのです。

アメリカでも始まったFIT(固定価格買取制度)

2009年3月よりアメリカでもフィードインタリフが始まりました。アメリカとドイツでは発電された電気の全てを電力会社が買い取ることになっております。
また価格の固定される年月も20年とドイツと同様になっているようです。

対して日本では余剰電力のみの買い取り、固定年月は10年間と、ドイツやアメリカに比べると少し寂しい制度内容となっております。

気になる値上げされる電気料金は……

現段階では明確に値上げの値段は確定されておりませんが、10円から100円程度の値上げであろうと考えられております。

これは余剰電力のみの買取のため抑えられた値上げ価格であり、もし全量買取制度が開始された場合には、300円から500円ほどの値上げもありえたかも知れません。

毎月の電気料金が上がるのは、決してありがたいことではありませんが、その代わりに太陽光発電の設置が増えることが期待できますので、全国民で環境問題に取り組んでいるとも考えられるのです。

  • 【補助金】国や地方自治体が用意する太陽光発電の助成制度
  • 【比較】太陽光発電・オール電化機器メーカーのポイントを解説

  • 【太陽光発電のわかりやすい解説!】ソーラー発電の仕組みや初期費用の相場など
  • 【セットで考えたいオール電化システム!】注意したい点や、補助金の詳細を紹介!
  • 【エコマメコラム】都市ガスとオール電化の比較や二酸化炭素について