太陽光発電

無限と言われている太陽のパワー

毎日一定の時間地表を照らしている太陽の光エネルギーは凄まじく、太陽から地表に向けて発せられる光エネルギーを完全に電力に変換することができれば、60分で全世界の1年間の電力を賄うことができるとも言われております。

再生可能エネルギーを有効に活用する

再生可能エネルギーという言葉をみなさんはご存知でしょうか?
太陽(光・熱)、風、地熱、水など、自然の力を利用して得られるエネルギーのことであり、太陽光発電も含まれております。

対して石油や天然ガス、ウランなどの地球に埋蔵されている資源を利用し得られるエネルギーは枯渇性エネルギーと呼ばれます。

枯渇性エネルギーとは、いずれは尽き果ててしまうエネルギーということですので、石油などの有限資源のみを利用するのではなく、自然に存在している再生可能エネルギーを利用することが、石油の枯渇が懸念されている現在、全世界的に必要とされているのです。

石油は有限?太陽は無限?

「石油は後30年でなくなってしまう!」1970年代のオイルショックの際に、専門科などにより指摘されておりましたが、もちろん現在においても石油は枯渇することはなく、現在も採掘され続けております。

現在では可採年数(現在確認されている埋蔵量を年間使用量で割った年数)は40年を超えると言われております。

これは採掘技術の向上に伴い、より深い地中からの採掘や、深海などの環境でも採掘を行うことができるようになり、確認されている埋蔵量が増えていることが関係しております。

石油に対して太陽の寿命は50億年とも言われております。太陽も無限とは言えないということですが、石油の可採年数に比べると無限と言っても差支えはないといえます。

太陽光発電の必要性

上記より、現在主流となっている石油によるエネルギー供給は、太陽と比べると近い将来には尽きてしまう可能性があります。

私達の世代にその時が訪れることは無いかもしれませんが、次の世代、そのまた次の世代では、その問題はよりリアルに感じられるようになるかもしれません。

エコロジーという観点からの太陽光発電

オイルショック以降、日本における石油による発電の割合は減ってきております。

しかし石油、天然ガス、石炭、原子力による発電が8割を占めており、揚水発電を含め、水力や地熱などの新エネルギーによる発電は2割にも満たないのが現状です。

地球温暖化と共にCO2削減が叫ばれている今だからこそ、自然のエネルギーを利用する地球に優しい発電方式が求められているのです。

日本の原油輸入量は99%以上

日本にて利用されている原油の大半は輸入に頼っております。もちろん今後もその形態は変わること無く続いていくと思われます。

オイルショックのように、世界情勢に伴う輸出規制や原油価格高騰などにより、日本は最も影響を受けやすい国であるといえます。

しかし、現在では家屋のオール電化、ハイブリッド自動車や電気自動車などの登場により、ガスやガソリンのみに頼らずに、電気を使用して枯渇性エネルギー消費を抑えることが可能となっております。

再生可能エネルギーを利用する太陽光発電は、石油を輸入に頼らざるを得ない日本にとっては最も有効であるといえるのです。

  • 【補助金】国や地方自治体が用意する太陽光発電の助成制度
  • 【比較】太陽光発電・オール電化機器メーカーのポイントを解説

  • 【太陽光発電のわかりやすい解説!】ソーラー発電の仕組みや初期費用の相場など
  • 【セットで考えたいオール電化システム!】注意したい点や、補助金の詳細を紹介!
  • 【エコマメコラム】都市ガスとオール電化の比較や二酸化炭素について
関連リンク